2022年7月6日

愛知製鋼、米の新ライン稼働 コンロッド鍛造年360万個

 愛知製鋼は、米国子会社のアイチフォージユーエスエイ(AFU、ケンタッキー州ジョージタウン市、土田嘉一社長)に2175万ドルを投じ、鍛造部品であるコネクティングロッド(コンロッド)の新生産ラインを竣工、日本時間の6日から稼働を開始したと発表した。年間360万個(約2500トン)の生産能力を持ち、トヨタ自動車グループの北米における現調化や、グローバル競争力向上・安定供給体制構築に貢献していく。

おすすめ記事(一部広告含む)