2022年7月8日

日本製鉄 広畑の電炉 試運転開始 高級鋼板、月産能力6万トン

日本製鉄は6月下旬から瀬戸内製鉄所・広畑地区(兵庫県姫路市)に新設した電気炉の総合試運転を開始した。カーボンニュートラルに向けた技術革新の一つで、年内にも商業運転に移行する予定。電炉一貫での電磁を含めた高級鋼板の生産は世界初の試みとなり、2023年度にはカーボンニュートラルスチールとして販売を始めたい考えだ。電炉の能力は月間約6万トン(年間約70万トン)。

おすすめ記事(一部広告含む)