2022年7月21日

関東普通鋼電炉14事業所 7月粗鋼39万トン見通し 前年・前月比ともプラス

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所による2022年7月の粗鋼生産量は前年同月比10・8%増、前月比5・3%増の39万1400トン前後となる見通しだ。7月の出荷数量は異形棒鋼、形鋼類ともに増加傾向がみられる。ただ、ロシアによる安価輸出の影響を受けて、アジアのビレット市況が低迷しており、一部メーカーは引き続きビレット輸出に消極姿勢を続けている。

おすすめ記事(一部広告含む)