2022年7月29日

阪和工材が値上げ ニッケル系ステンレス薄板 8月販売から5万円以上

ステンレス流通大手の阪和工材(本社=大阪市、田川竜介社長)はニッケル系ステンレス薄板の販売価格について、8月1日販売分からトン当たり5万円以上引き上げると発表した。メーカーの契約価格上昇などを受けて値上げに踏み切る。副資材のコスト増を受けて、同社はクロム系ステンレス薄板も含め継続して価格改定を行う方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)