2022年8月1日

小野建、小倉で鋼板加工開始 ファイバーレーザー稼働

 小野建は小倉支店(北九州市小倉北区、山本昭彦支店長)にファイバーレーザー切断機を導入し、きょう1日から稼働を開始した。拠点としては初めての鋼板加工設備で、同社初となる15段パレットチェンジャーを設置。同支店が取引する約半数は製缶業者で人手不足が深刻化。加工ニーズが高まる中、昨年開始した形鋼に加えて切板加工も合わせたワンストップ受注体制を強化することでニーズに応えたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)