2022年8月10日

全ス連 4―6月経営調査 採算「良化」が過半数 景気見通し「悪化」上昇

全国ステンレス流通協会連合会がまとめた2022年4―6月期の「経営実態アンケート調査」によると、採算が1―3月に比べて「良化」したとの回答が前回調査から14・7ポイント上昇の57・8%と半数を上回った。製品販売価格の上昇で流通の採算が改善した。一方でステンレス業界の景気見通しについては「悪化」が同14・3ポイント上昇の35・2%に増え、「良化」は同3・7ポイント下降の10・6%にとどまった。ステンレス価格上昇に伴い、需要家が他素材へ切り替える「ステンレス離れ」への危機感が高まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)