2022年8月22日

Ni系ステンレススクラップ 市況に底入れ感台頭

 5月以降急落していたSUS304系(18クロム―8ニッケル)ステンレススクラップ市況に底入れ感が台頭している。メーカー値上げは行われていないものの(8月19日時点)、輸出業者も含めたディーラー間で旧盆に前後し、荷止解除や大幅な安値の値戻しの動きが増加しており、市中買値はトン16万円から高値18万円前後のレンジに収れんしてきた。  海外ミルの引き合い減などで需給緩和状態が続き、輸出業者を中心に在庫リスクのため前月から、荷止めやメーカー値下げを上回る大幅な値下げが広がっていた。

おすすめ記事(一部広告含む)