2022年8月25日

東京製鉄 岡山工場生産の異形棒鋼 岡山市内に在庫拠点

 東京製鉄は岡山工場(倉敷市南畝)で生産する異形棒鋼について、岡山市内に在庫拠点を新設し、9月から在庫販売を開始する。新岡山港に立地する岡山港湾運送(岡山市中区)の倉庫にD10―25を合計3000トン程度在庫するもので、「中国エリアの需要をきめ細かく捕捉するのが狙い。岡山工場の直送分と合わせて販売することで、生産・販売量の拡大を図る」(小松﨑裕司取締役常務執行役員営業本部長)方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)