2022年9月1日

経産省金属課 23年度予算概算要求 航空機エンジン材 増額 GI基金で脱炭素支援

経済産業省の2023年度予算概算要求で、金属課関連は総額28億7000万円と22年度当初予算比39・6%減る。フェロコークス、革新鋼板などの技術開発が22年度で終了する影響。既存案件を統合し、新規案件として資源自立経済システム開発促進事業を立ち上げるほか、既存の航空機エンジン向け材料開発・評価システム基盤整備事業は予算を増額する。グリーンイノベーション(GI)基金を通じた長期の製鉄プロセスの水素活用技術開発などと合わせて、脱炭素や循環型社会、デジタル化などへの対応を後押しする。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)