2022年9月7日

日東精工 軽量自動ねじ締め機発売 小型多関節ロボ向け

日東精工は、軽量単軸自動ねじ締め機「FM514VZ」と「FM514CZ」の販売を開始した。小型垂直多関節ロボットへの搭載が可能で、従来品よりも軽量なため、環境負荷低減に貢献する。 同社によると、新製品は搭載するロボットのサイズダウンにより、約23%のCO2削減が見込める。ねじ締め工程に合わせてねじ締め推力を変更でき、締付けトルクやねじ込み速度の設定も個別に行えることから、製品の材質、硬さ、厚さに応じた最適なねじ締めが行える。狭い場所や深い場所への締付けにはバキュームパイプ吸着式「FM514VZ」、平面への締付けにはチャック爪式「FM514CZ」が適している。ねじ供給機からねじ締めユニットにねじを1本ずつエア圧送し、製品に適したねじ締めを自動で行う。

おすすめ記事(一部広告含む)