2017年11月30日

日東精工、ねじ締めで自動化システム 安川電機と共同開発

 日東精工は、安川電機と共同でねじ締めドライバと多関節ロボットを融合させた「ねじ締め自動化システム」を共同開発した。ロボットが持つ位置情報と、ねじ締めドライバが持つトルク情報を組み合わせることで、ロボットがリアルタイムにねじの締め付け品質を把握。従来は検知が難しかったタップ(雌ねじ)の加工不良や、長さ違いのねじ混入による締め付けミスを検知し、その場でリトライすることができる。両社は来年をめどに製品化を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)