2022年9月13日

センクシア、建築用構造部材値上げ 11契から10―13%

 建材機器の製造販売と関連工事を行うセンクシア(本社=東京都港区、笠原伸泰社長)は12日、建築用構造部材の一部商品について、11月契約分から価格改定を実施すると発表した。対象商品はハイベースNEOやハイリング3、スマートダイア2などで、価格改定率は約10―13%。1月契約分以来、今年2回目の改定となる。

おすすめ記事(一部広告含む)