2022年9月15日

日本製鉄 藻類バイオマス研究開発、新拠点で始動

 日本製鉄は14日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がカーボンリサイクル・次世代火力発電等技術開発において採択した「CO2の高効率利用が可能な藻類バイオマス生産と利用技術の開発」の研究開発に着手したと発表した。14日に広島県大崎上島にカーボンリサイクルの研究開発拠点が開所したことを受け、実質スタート。今回の研究開発事業は同拠点の複数のエリアのうち基礎研究エリアで最初に実施される6事業のうちの一つとなる。

おすすめ記事(一部広告含む)