2022年9月21日

古賀オール 3カ年中期方針を初策定 DX・多様性推進

古賀オール(本社=東京都中央区、古畑勝茂社長)はこのほど、2025年3月期を最終年度とする中期3カ年経営方針を策定した。3カ年方針の策定は創業以来初めて。社会や事業環境が目まぐるしく変化する中、「古賀オールの価値を再定義し、過去にとらわれず、未来志向で可能性に挑戦する」(古畑勝茂社長)。デジタルトランスフォーメーション(DX)や人材のダイバーシティー(多様性)に取り組むほか教育制度も拡充。「感動を生み出す人材を増やす」(同)ことで、非価格競争力を磨く。

おすすめ記事(一部広告含む)