2022年9月27日

関東地区14事業所 9月生産 普通鋼電炉粗鋼5.3%減

 関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所による2022年9月の粗鋼生産量は前年同月比5・3%減、前月比14・3%増の34万1000トン前後になりそうだ。9月は、各メーカーともに8月に夏季炉休を実施した反動影響によって、前月比はプラスに転じる。ただ、海外鉄スクラップ価格の軟調などを踏まえ、アジアビレット商談で停滞感が見られるほか異形棒鋼、形鋼類ともに製品出荷がスローペースで前年同期比はマイナスを想定している。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)