2022年9月30日

ジェコス H形鋼橋梁に新型 中小架け替え向け展開

ジェコス(野房喜幸社長)は28日、新型「H形鋼橋梁・GHB」を開発、商品化したと発表した。老朽化が進む国内の道路橋を勘案し、地方自治体が管理する中小橋梁を対象に展開する。主に支間長10―25メートルの中小橋梁への架け替えニーズを考慮したH形鋼橋梁で、主桁と横桁に大型圧延H形鋼を採用したシンプルな構造とし、一般的なPC橋と比べ、上部工の死荷重(自重による荷重)を軽減、既設下部工への負担を抑制し、耐震性が高められる。死荷重と活荷重(自動車など橋上移動の荷重)を合わせ約20%低減する。設計などで工期、コストも縮減可能となる。
おすすめ記事(一部広告含む)