2022年10月20日

大阪製鉄、一般形鋼11契据え置き 店売り荷動き改善

 大阪製鉄は19日、一般形鋼の11月契約価格(等辺山形鋼・不等辺山形鋼・溝形鋼)を前月比で据え置くと発表した。中小の建築物件の低迷で一般形鋼需要の回復は遅れているものの、急激な円安の影響などから「電力や燃料を中心とした市況品の調達価格が月を追うごとに上昇している」(同社)として販価を据え置いた。
おすすめ記事(一部広告含む)