2022年11月2日

日本製鉄 広畑の新電炉商業運転開始

日本製鉄は1日、瀬戸内製鉄所広畑地区(兵庫県姫路市)に新設した電炉(年産能力約70万トン)の商業運転を10月から始めたと発表した。世界初となる電炉一貫でのハイグレード電磁鋼板の製造・供給などを行うためのもので、ここで得られた知見を生かし、カーボンニュートラル技術である大型電炉での高級鋼製造技術の開発を強力に推進する方針。また来年度上期に予定している鉄鋼製造プロセスでのCO2排出量削減効果を活用した「カーボレックスニュートラル」の販売開始に向けても大きな前進となる。広畑地区の電炉は6月11日から総合試運転を重ねていた。
おすすめ記事(一部広告含む)