2022年11月18日

日立金属 金属積層造形向け 仮想空間で設計・評価

日立金属は17日、シンガポール科学技術研究庁の研究機関(IHPC)と共同で、金属積層造形向けマルチスケール統合シミュレーターを開発したと発表した。今後は実証実験とデータベース拡充を推進し、2025年までに本格運用を目指す。日立金属は金属積層造形用材料販売を強化するため、同シミュレーターを活用したサービスを検討する。
おすすめ記事(一部広告含む)