2014年10月21日

日立金属、ワコーと角速度センサー開発 鉛フリー圧電薄膜使用

 日立金属は21日、センサー事業を手掛けるワコー(本社=埼玉県上尾市、岡田和廣社長)と共同で、鉛フリー圧電薄膜を用いた3軸角速度センサー開発に成功したと発表した。両社によると今後は、デジタルカメラの手振れ検知や自動車の姿勢検知などに用いられる角速度センサーの鉛フリー化が加速し、地球環境保全にも寄与するとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)