2022年11月29日

中韓亜鉛めっき鉄線AD税認定 国産供給量増えるか

 韓国、中国産の溶融亜鉛めっき鉄線(針金)輸入に対するアンチダンピング(AD)調査の結果が発表され、財務省は不当廉売を認定した。この結果を受け、市場では国産のシェアが高まるのではないかとの見方があり、「この結果をプラスに捉えていきたい」と、業界関係者らは今後の価格動向などを注視している。
おすすめ記事(一部広告含む)