2022年12月12日

宮崎精鋼、メキシコ拠点が黒字化

 磨棒鋼、冷間圧造用鋼線メーカーの大手、宮崎精鋼(本社=名古屋市、宮﨑元伸社長)は、メキシコの完全子会社「ミヤザキセイコウ・デ・メヒコ」(MSM、ハリスコ州、犬伏邦夫社長)が今年10月に単月黒字と1000トン超の販売を達成した。11月も黒字見通しで、来期(2023年12月期)はMSMの主要マーケットである北米の自動車生産の回復基調も背景に通期黒字化を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)