2022年12月27日

鉄鋼過剰生産能力問題 多国間枠組み1年延長

 鉄鋼過剰生産能力に対処する多国間協力の枠組み、グローバル・フォーラム(GF)の暫定的な1年間延長が決まった。2019年からの3年間の期限を終え、今後の活動について参加国・地域間で調整していたが、欧米、日本など主要国間ほか多数の参加国が先週までに継続を決めた。過剰能力の情報集約や政府の支援措置に関する情報共有などに加え、脱炭素など新たなテーマを加える可能性など、詳細については年明けも詰める。中国など参加していない鉄鋼生産主要国を加える取り組みなど、今後の活動について引き続き協議する。
おすすめ記事(一部広告含む)