• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年11月12日

蜘蛛の糸/電線被覆材PVCの活路と課題(上) 中国禁輸で国内産廃扱い 適切処理で新商機に

蜘蛛の糸/電線被覆材PVCの活路と課題(上) 中国禁輸で国内産廃扱い 適切処理で新商機に

「鉛系安定剤が混入していない電線の被覆材であるポリ塩化ビニール(PVC)は、今後需要が強くなる可能性がある」と、関東の某プラスチックリサイクラーの社長は指摘する。EU連合で電気・電子機器に関する新たな環境規制であるRoHS2の適用が2019年7月から始まることで、電線の被覆材に使用されているPVCの引き合いがあるとの見方だ。中国の環境規制の影響で行き場を失い産業廃棄物として処理されていることが多いPVCだが、適切に処理することができれば、リサイクル原料としての価値が高まる可能性が出てきた。PVCの処理に苦慮している金属リサイクル業者にとって蜘蛛の糸となるかもしれない。



電線被覆材のような軟質のPVCが使用されている製品は、国内で数多く存在する。代表的なものだと農家ビニールハウス(農ビ)、浮き輪、テーブルクロス、シャワーカーテンなどがあり、これらは主にバージン材から作られることが多い。そうした軟質のPVCをリサイクルしてペレット化したものは、ピータイルやカーペットなどの床材や遮音シートなどに生まれ変わる。なお、塩ビ管は硬質のため、軟質のPVCペレットを原料に使用できない。



関東のあるプラスチックリサイクラーでは、月間約500トンの廃PVCをペレット化している。その中で ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/12/11
H2新断プレス
30100円 (-200)35300円 (-100)
3.13ドル (―)2.49ドル (―)

 換算レート (TTS) 114.11円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/12/11調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200069000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8800088000
鉄スクラップ
H22100017000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 713 708 711 706
電気亜鉛 343 337 343 337
電気鉛 279 276 279 276
アルミ二次地金 99% 207 202 207 202

非鉄金属市場価格へ