2020年12月28日

中国南部に鉄鋼投資集中 広西自治区・広東省で将来粗鋼1億トンへ 東南ア需給揺さぶる

 中国南部に鉄鋼投資が集中している。広西壮族自治区臨海の防城港市に鉄鋼4社が製鉄所を建設し、年産3000万トン超の鉄鋼コンビナートを2025年に完成させる。隣接する広東省で宝武鋼鉄集団の湛江製鉄所の高炉増設の他、特殊鋼電炉やステンレス工場の建設が進む。インフラ・不動産開発が広がり始めた南部の建設需要や広州周辺の自動車需要に加え、地理的に近い東南アジア市場を狙う。広西自治区と広東省で将来合計1億トン近くに膨らむ粗鋼生産はアジアの鉄鋼需給を揺さぶりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)