2019年11月14日

中国 鋼材市況、異形棒中心に反転

中国の鋼材市況が反転し始めた。とりわけ異形棒鋼が上がっている。インフラ・不動産建設が堅調な上に環境規制による操業制限で生産が抑えられ、市中在庫が減ったため。米中の貿易協議の部分合意期待を好感した先物市場の鋼材価格が先行して上がり、現物市況を刺激している側面もある。冬場の不需要期を迎え、米中貿易協議が不調に終われば先物と現物の市場が冷え、市況は再び軟化する可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)