2021年2月25日

企業研究シリーズ 昭和電線ユニマック ■(上) 「MiDIP」で平角巻線注力 車市場に品質・開発力で

昭和電線ホールディングスの100%子会社で巻線の製造を担う昭和電線ユニマック(本社=三重県いなべ市、山村隆史社長)は2月1日に設立20周年を迎えた。2019年10月にフジクラとの合弁を解消し、高機能無酸素銅「MiDIP」を使った平角巻線やヒーター線に使われる銅合金線などに注力。100年に一度の変革期を迎える自動車業界に対し、確かな品質と開発力を武器に事業を拡大する考えだ。同社のこれまでの取り組みと今後の戦略を取材した。

おすすめ記事(一部広告含む)