2021年5月14日

工場ルポ 仁淀鉄鋼・奈良工場 時代の流れに合わせ前進 自動化で作業効率向上 品質管理にデジタル活用

スリット加工専業の独立系コイルセンター、仁淀鉄鋼(本社=大阪市西区、吉田英司社長)は、狭幅・多条取りや、ハイカーボン材など特殊鋼板の加工、オシレート加工を行うのが特徴だ。近年では自動化に力を入れており、効率化やミスのない作業へとつながっている。時代の流れに合わせ前進を続ける奈良工場(奈良県田原本町)を訪ねた。

おすすめ記事(一部広告含む)