2021年12月9日

工場ルポ/スリッター4基を更新/仁淀鉄鋼・東京工場/自動化推進、技能継承も意識

 スリット加工専門の独立系コイルセンター、仁淀鉄鋼(本社=大阪市西区、吉田英司社長)は、5月に東京工場(千葉県浦安市)のスリッター4基の設備更新計画を完了させた。更新により生産性はもちろん、同社が得意とする多条取りの品質がさらに向上。近年は自動化に力を入れ、安全や品質維持のために5S活動も抜かりなく行う。ピカピカの新設備が盛りだくさんの東京工場を訪ねた。

おすすめ記事(一部広告含む)