2021年6月17日

経営戦略を聞く/シマブンコーポレーション/木谷謙介社長/「部を超えた連携」効果/重要な原料鉄スクラップ 安心安定供給を追求

鉄スクラップや鋼材の加工・販売などを手掛けるシマブンコーポレーション(神戸市)は新型コロナウイルス禍でも安定した収益を確保できる基盤構築を目指し、2020年からの3カ年中期経営計画に取り組んでいる。「特別な取り組みではなく、日々の業務の中で中計に掲げた課題を着実に解決していくことが重要だ」と話す木谷謙介社長に前期を振り返ってもらうとともに、今期の計画や今後の展望などを聞いた。

――20年12月期を振り返って。

「鉄スクラップ・鋼材などを合わせた全体の取扱量が前期比11%増の187万トンと2期ぶりに増加し、営業事業部では増収となった。ただ、鉄鋼メーカーの作業請負などを行う生産事業部で高炉メーカーの減産などが響き、全体では同3%の減収となった」

おすすめ記事(一部広告含む)