2021年6月17日

古河電気工業の銅条・高機能材戦略/山本尚志執行役員(銅条・高機能材事業部門長)に聞く/「放熱」テーマに販路拡大

古河電気工業の銅条・高機能材事業部門は強みの豊富な製品群と高い技術力を武器に収益向上を図る考えだ。需要増加に期待が高まるCASEや次世代通信規格「5G」でも「放熱」をテーマに掲げ販路拡大をねらう。事業部門長の山本尚志執行役員に足元の動向と今後の戦略を聞いた。

――2020年度を振り返って。

「新型コロナウイルス禍で一部PC関連など一部を除いて需要が落ち込み、販売量が生産キャパの半分程度にあたる約2200トンまで一時的に落ち込んだ。ただ、秋頃から自動車関連需要が徐々に戻り始め、第4四半期には販売量が生産キャパに近い3800トン程度まで回復した」

おすすめ記事(一部広告含む)