2021年9月22日

点検鉄鋼市場/10―12月/特殊鋼/ステンレス

特殊鋼/車不透明もタイト感/市況は一段高含み

10―12月の構造用鋼需給は自動車メーカー各社の減産など不透明な要素もあるがタイト感が続きそうだ。メーカーは「過去最高に近い受注量」(メーカー筋)によりフル生産と納期遅れが発生。市況は今年2回目となる上伸局面を迎え、10月にはトン1万円上伸し、一段高に到達するとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)