2021年12月8日

矢崎エナジーシステムの事業戦略/矢﨑航社長に聞く/デジタル活用し最適化

建設用電線の最大手の矢崎エナジーシステム(本社=東京都港区)は、人工知能(AI)やデジタルの活用に注力している。昨年11月から全国で販売を開始したやわらか電線プレミアムなどの独自の製品だけでなく、デジタル技術を使い購買・製造・在庫管理・配送を最適化することで、他社との差別化を図る考えだ。同社の矢﨑航社長に足元の事業環境と今後の戦略を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)