2022年3月30日

鉄鋼新経営/新たな成長に向けて/中山鋼業社長/山根博史氏/需要家の要望迅速対応/新試験設備で付加価値向上

――2021年を振り返って。

「少子高齢化に加えて新型コロナウイルス禍もあり、政府の景気対策にもかかわらず市場は縮小している。さらに脱炭素化の流れの中で、主原料の鉄スクラップ価格が世界的に急騰した。21年4―12月期の業績は出荷数量が前年同月比6%減少する一方、販売価格の改善に取り組んで約2割の増収を確保できた。ただ、販価が同トン当たり1万8000円改善したのに対してスクラップ価格が2万3000円上昇し、鋼材スプレッドは5000円縮小している。エネルギーや資材高の影響による変動費もトン2000円以上増加しており、収益の悪化は避けられなかった。今後も引き続き需要家の方々に販価改善をお願いし、再生産可能な体系にいち早く移行したい」

おすすめ記事(一部広告含む)