2022年5月24日

工場ルポ/三和鍍金・本社工場/表面処理手掛けて70年以上/品質・納期対応力に強み

自動車や携帯電話、医療機器の部品など幅広い分野に使われるめっき技術。三和鍍金(本社=群馬県高崎市、武藤篤社長)は1950年の創業以来、70年以上にわたりめっき処理を含む表面処理事業を手掛けてきた。品質と納期対応力の強みを生かし、事業の拡大を図る同社を訪れた。

おすすめ記事(一部広告含む)