2022年5月25日

経営戦略を聞く/ジェコス/野房喜幸社長/工事・加工軸に利益拡大/本年度、仮設鋼材の販売抑制

ジェコスは現行中期経営計画で重仮設事業と建機事業の競争力強化、周辺事業の規模拡大、人材育成強化を推進する。これらにより事業規模、利益水準の拡大を図る。野房喜幸社長は「計画目標達成に向け、足腰を鍛え、基盤は強化できた」と述べ、需要捕捉とともに体制強化を通じ、収益体質を強める。2021年度業績は連結売上高1139億9700万円(前年比3・4%増)、経常利益52億3800万円(同19・4%減)だった。同社長に今後の取り組みを聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)