2022年6月9日

コベルコ建機、ICTへの取り組み(下)/距離を感じさせない臨場感/遠隔操作、建設業界に変革もたらす

コベルコ建機・神戸テクニカルトレーニングセンター(神戸市)の一角。1台の油圧ショベルが音を立て、砂山を切り崩す。遠目には分かりづらいが、操縦席には誰も乗っていない。同社の開発した次世代遠隔操作システム「K―DIVE CONCEPT」を搭載した無人のショベルだ。オペレーターの“乗っている”コックピットは、30メートルほど離れた建物の中にある。

おすすめ記事(一部広告含む)