2022年7月21日

鉄スクラップAI自動解析開発へ/エバースチールCEO/田島圭二郎氏に聞く/全品種検収、サイズ確認目指す/サブスク型、鉄リサイクル企業向けも

東京大学発スタートアップの「EVERSTEEL」(エバースチール、本社=東京都文京区)は、鉄スクラップ解析に特化したAIを活用して画像からスクラップの等級を判定したり、混入する不純物を検出したりできるシステムを開発した。現在は国内の複数の鉄鋼メーカーで実証実験などを進め、実用化に向けた開発を急ぐ。「ITで鉄鋼材の水平リサイクルを促進したい」と話す同社の田島圭二郎・最高経営責任者(CEO)に足元の状況や今後の課題、展望などを聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)