2022年8月5日

JFEHD 通期大幅減益へ/収益力向上策を継続推進/脱炭素取り組みも注力

 JFEホールディングスは2022年度第1四半期(4―6月)に連結事業利益1166億円と前年同期比283億円の増益となった。販売価格の改善や原料高による棚卸資産評価益が奏功したが、第2四半期以降は同評価益が剥落し、為替の円安影響も受け、通期利益は2350億円と前期比1814億円の減益予想とした。ウクライナ情勢の長期化など市場の先行きは不透明だが、販価改善はじめ収益力向上策を進め、安定収益を確保し、カーボンニュートラルへの取り組みを加速する考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)