2022年9月27日

神戸製鋼所のアルミ板戦略/谷川正樹執行役員(アルミ板ユニット長)/コア製品で収益基盤強化

 ――今期の事業環境をどうみる。

 「自動車材は自動車減産の影響を受けている一方、缶材、厚板、ディスク材は堅調に推移しており、下期も需要環境は大きく変わらないとみている。それぞれの分野の事業環境について、まず自動車材は昨年来の半導体不足の継続に加えて、上海ロックダウンによるサプライチェーンの混乱による供給先の減産が続いている。そのため、年内は現在の状況が継続すると見込むものの、年明け以降は回復に向かうと期待している」
おすすめ記事(一部広告含む)