2022年10月12日

新理事長に聞く/関東鉄源協同組合/南光司氏/船積み時差の解消課題

 関東地区の鉄スクラップ業者などで構成する関東鉄源協同組合の3代目理事長にミナミ(本社=千葉県柏市)の南光司社長が就いた。9月27日開催の通常総会で選任された。組合は鉄スクラップの輸出入札を毎月実施。組合員が集める鉄スクラップを落札商社に販売し、商社が輸出している。「伝統は守るべきもの、組織は変革すべきもの」と話す新理事長に、今年設立20周年を迎えた組合の今後の方針などを聞いた。
おすすめ記事(一部広告含む)