2022年11月2日

経営戦略を聞く/ダイドー電子/天野 肇社長/中津川一貫体制を強化/本社設投推進、原料調達安定化も

大同特殊鋼グループで磁石製品の大手メーカー、ダイドー電子(本社=岐阜県中津川市)は、2030年までに海外を含めた売上高を、21年の250億円から500億円に倍増させる計画を進めている。その一環として本社工場で24年から30年にかけプレス機などの生産設備を増強し、熱間加工磁石の生産を売上高ベースで倍増させる。同時に軽希土類の原料安定調達や製品性能の向上、コストダウン、CO2排出量の削減などにも注力し、車載用主機モーター向けなどの需要増に対応し、中津川での一貫生産能力を強化する。幅広い取り組みに注力する天野肇社長に、具体的な内容を聞いた。
おすすめ記事(一部広告含む)