2014年11月5日

メタルワンが大運動会 本社社員ら500人参加

「メタルワン大運動会―One for all,All for Metal One―」が1日、都内の大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森・陸上競技場で開催され、東京本社社員約400人と家族100人の計500人が参加した。

 開会式では、司会を務める若手社員たちが芸人風のノリでムードを盛り上げる中、オープンカーに立ち上がった戸出巌社長が大歓声を浴びながら入場。野球のユニフォーム姿で壇上に上がって、再び場内を沸かせた戸出社長は運動着、赤白帽に着替えて、高らかに開会を宣言。チームリーダーたちの選手宣誓で競技に入った。

 第1、2、3、線材特殊鋼・ステンレスの各営業本部を中心に4チームに分かれた選手たちは、それぞれ赤・青・黄・緑のTシャツを着用。大玉送り、親子そりレース、玉入れなど大人用に趣向を凝らした競技で熱戦を展開。棒引き(女性)や騎馬戦(男性)では日頃のストレスを発散するかのような激しいバトルの応酬が続いた。

 残念ながら降雨のため競技は午前の部で打ち切られたが、本田武弘副社長の「続きは来年」との誓いの宣言で閉会。

 労働組合の提案で開催に至った初の大運動会。コンセプトは「積極性」と「団結力」。若手の企画運営力、社員・家族の行動力、そして経営陣のパワーとノリの良さで、競技を通じて結束を固めるという当初の狙いを完遂した。

おすすめ記事(一部広告含む)