2015年3月4日

愛知製鋼、陸上部が15年度新体制

 愛知製鋼・陸上部(児玉泰介監督)は15年度の新選手体制を固めた。

 長距離については、チーム力の強化を目的にコニカミノルタ陸上競技部から松宮隆行選手が移籍。さらに吉村直人選手(立命館大出身)、松村和樹選手(順天堂大出身)、小辻貴史選手(松浦高校出身)の3新人が加入する。

 また初の競歩選手として世界6位の実績を持つ西塔拓己選手が加入する。

おすすめ記事(一部広告含む)