2015年4月28日

はがねの日の記念 ファミリーコンサート開催 全特協大阪、600人参加

全日本特殊鋼流通協会大阪支部は25日、はがねの日の記念行事「第5回ファミリーコンサート」を、大阪市の中之島公会堂で開催し、親子連れなど約600人が参加し、楽しいひと時を過ごした。

当日は、京都大学交響楽団OBが中心となって、管弦楽合奏が行われた。楽曲としては「宇宙戦艦ヤマト」や「鉄腕アトム」のテーマ曲のほか、荒井由美(松任谷由美)の「ひこうき雲」、「アナと雪の女王」のテーマ曲、チャイコフスキーの「花のワルツ」などなじみの曲の数々を演奏。さらに、前回好評を博した指揮者体験コーナーを今回も設け、来場者のうち小学生数人が順に舞台にあがり、チャイコフスキー作曲の「くるみ割り人形」の指揮にチャレンジし、大きな喝采を浴びていた。

あいさつに立った福原實晴支部長(南海鋼材社長)は、「当支部恒例のファミリーコンサートも今回で5回目を迎え、さらに充実した内容で皆さんに楽しんでいただければと思う。国の重要文化財である中央公会堂の贅沢な空間の中で、幻想的な音色を聴き、しばし日常を忘れ、身も心もリフレッシュしていただければ」と呼び掛けた。

おすすめ記事(一部広告含む)