2015年4月28日

大学建築コンペ最優秀賞を発表 LIXIL住生活財団

大学建築コンペ最優秀賞を発表 LIXIL住生活財団
INVESTEDHOUSEのイメージ図

 住宅・建材産業に関する調査・研究や人材育成などの事業を助成・支援するLIXIL住生活財団(東京都江東区、潮田洋一郎理事長)は27日、「第5回LIXIL国際大学建築コンペ」の公開審査会をこのほど開催し、最優秀賞にオスロ建築デザイン大学(ノルウェー)の「INVESTED HOUSE」を選出したと発表した。コンペは次世代のサステナブル住宅の技術を検証し、社会に発信することを目的に開催。今月21日に経団連会館で公開審査会を実施し、世界11カ国・12大学の中から最終審査に進出した上位3大学によるプレゼンテーションを経て最優秀賞を決定した。北海道大樹町「メムメドウズ」敷地内に今年11月に竣工する予定。

おすすめ記事(一部広告含む)