2015年5月1日

淀川製鋼所、作業着を刷新 新しい作業着グリーン基調に 

 淀川製鋼所は30日、社員の作業服を4月1日からリニューアルしたと発表した。よりデザイン性・機能性に優れたものとし、同社事業キーワードである「安全」「安心」「環境」「景観」を表す色としてグリーンを採用。併せてヘルメットの色も統一した。

 グレーの単色から濃淡2色のグリーン系を基調としたアクセントのあるデザインに変更。上着のポケットにはPHSなどを入れる内ポケットを設け、一部作業服の前面ボタンをジッパータイプに変更するなど、機能性や安全性に配慮した。

 ヘルメットも従来事業所によってグリーンとイエローの2種類あった色を、新しい作業服に合わせたグリーン一色に統一した。対象者は大阪、呉、市川、泉大津、福井の各工場社員約900人。

 本年1月30日に会社創立80周年を迎えたことから、今後の創立100周年に向け、継続的な成長を図るため社員一丸となって取り組む一環として、作業服リニューアルを実施した。従来に比べて明るい色調の採用、デザイン性の向上により、社員のモチベーション向上と企業のイメージアップを図る。

おすすめ記事(一部広告含む)