2015年10月29日

ものづくり日本大賞、古河電池が経産大臣賞 マグネ空気電池開発

 高度な製品開発や熟練技術を表彰する「第6回ものづくり日本大賞」の受賞者が27日発表され、経済産業大臣賞に古河電池のマグネシウム空気電池開発など15件85人と2団体が選ばれた。11月2日に東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で経産大臣賞の表彰式および祝賀会が行われる。

 古河電池の受賞件名は、「世界初! 紙製容器でできた非常用マグネシウム空気電池の開発」。いわき工場(福島県)の久保田昌明氏など7人が受賞した。

 マグネ空気電池は水を入れるだけで発電する製品。同社は実用化商品「マグボックス」としてすでに発売しており、最大5日間発電できる。東日本大震災後をきっかけに開発された被災地発の防災用品として、全国で導入が進んでいることが評価された。(1、2面に関連記事)

おすすめ記事(一部広告含む)