2018年6月12日

第6回KOBELCO森の童話大賞 神戸製鋼所12日から募集開始

神戸製鋼所は11日、神戸製鋼グループ「第6回KOBELCO森の童話大賞」を12日から募集開始すると発表した。

全国の小学生と中学生・高校生を対象に「森」をテーマにした創作童話を募集。金賞作品は絵本作家による挿絵で絵本化し、後援自治体の所管する学校や公立図書館に寄贈して、環境啓発ツールとして活用してもらう。

同大賞は2013年度からスタート。兵庫県、神戸市をはじめ多くの自治体や教育委員会などが後援・協力する。昨年度の第5回では全国11都府県から合わせて670件の応募があり、小学生の部は「クヌギの百年母さん」(加古川市の森凛さん)、中高生の部は「森の貸しもの屋」(川西市の吉川真未さん)が金賞作品に選ばれた。

審査員は絵本作家の永田萠さん、服部保・兵庫県立大名誉教授ほか。受付は9月11日まで。11月上旬に審査結果の発表を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)