• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月18日

製錬各社が対策本部 復旧作業は「電力次第」

 東北、関東地方を襲った東日本大震災から、きょう18日で1週間目を迎えた。太平洋沿岸部に製錬所や電子材料工場がある非鉄製錬大手は各社トップを本部長とする対策本部を設置し、復旧に向けた作業を急ピッチで進めている。ただ、津波の影響で一度浸水した設備の復旧作業などが難航。不安定な電力事業や余震、福島県内では放射能問題なども絡み、操業再開時期などは見通せない状況となっている。

 銅製錬の小名浜製錬所(福島県)に約50%出資している三菱マテリアルは、週明け14日に矢尾宏社長を本部長とする対策本部を設置。三木眞常務と竹内章常務が副本部長、その他の常務も対策本部長補佐として、被災地に拠点のあるグループ全体の被害状況や、従業員の安否確認など被害状況の全容把握に努めている。復旧作業や業務支援などの機能も対策本部に集約し、震災後の復興に注力している。

 製造設備への外観上の大きな損傷がなくても、地震の影響で稼働時に突然停電したため、「実際に操業できるかどうか分からない」(同社広報)という。操業確認をしようとしても、停電していたり、通常の10%程度の電力しかない状況では、稼働状況の把握が難しい。このため、今後の復旧に向けた作業の進ちょくは「電力次第」(同社広報)と説明する。

 亜鉛年産11万トンの八戸製錬(青森県)に約85%出資している三井金属。15日に仙田貞雄社長を本部長とする「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置し、各事業本部が確認した被害状況などを対策本部に集約して、今後の対応策などを検討している。

 八戸製錬については、17日午前の段階で「被害状況の全体像はまだ把握できていない」(同社広報)状況。最初にパソコンや保安関係の設備、各種機材を動かす電源の復旧作業を行っており、「週内にこの作業を終わらせたい」(同)としている。

 ただ、こうした設備を稼働させるにも電力が必要になる。工場周辺の電気は復旧しているが、工場では一部の設備が海水に浸水したため、設備に付着した塩分などを除去しなければ、設備を稼働させることはできず、操業再開のめどは立たない状況だ。

 JX日鉱日石金属は、地震発生直後の11日に岡田昌徳社長を本部長とする災害対策本部を設置した。茨城県の磯原、日立地区や東北地方の子会社の操業は停止中。震災から1週間がたち、被害の全容が分かってきたが、余震などが続いているため、安心して工場建屋内に入り復旧作業ができない状況という。

 同社はまた16日に災害対策本部の下部組織として、復興に向けた「本社支援チーム」を立ち上げた。各事業部から補佐役含めて約30人がチームに入り、被害状況の把握や復興に向けた調査、資機材の調達などを行っていく方針だ。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ